天才型豪速球左腕_石井一久

石井一久という投手をご存知でしょうか?
ヤクルト~メジャー~西武
と複数球団で活躍した投手です。

f:id:widesan:20180815095358j:plain
(引用元:https://goo.gl/images/QwfSTc)

150㌔を超えるストレートを持ち、
キレっキレのスライダー、
そして大きな変化とブレーキの効いたスラーブ(スライダーとカーブの間のような球)
を武器とする左の本格派投手です。

勝ち星は200勝近く、奪三振率も非常に高い
通算2000奪三振プロ野球最速記録を更新するなど、
平成の大投手といえると思います。

しかし、石井投手の魅力はそういった基礎数値に止まりません

天才というか天然というか
数値に現れない伝説がいくつかあるので紹介します♪


◆奥様の一番好きな手料理は…

石井選手の奥様は、
アナウンサーの木佐彩子さん

f:id:widesan:20180815095631j:plain
(引用元:https://goo.gl/images/MSxPB6)

綺麗な方ですよね♪

木佐さんは、小学2年から中学2年までの7年間、アメリカ・ロサンゼルスで過ごした帰国子女で英語はペラペラ。

さらに、石井選手の晩御飯を作る時間を確保するために、出演番組も変更されるほどの良妻っぷり。

そんな素晴らしい奥様を持つ石井選手♪

結婚して比較的すぐのタイミングで、
ある記者から
「奥様の手料理で一番好きなものは何ですか?」
と質問され、

「生野菜(サラダ)」
と答え、後でこっぴどく怒られたとのこと(笑)


◆野球の世界大会(WBC)の傍らで…

野球の世界大会であるWBC(ワールドベースボールクラシック)の記念すべき第一回大会での話

全12球団とメジャーから、超一流のみが集められたドリームチーム♪

ワールドベースボールクラシックは、野球で初の世界大会ということもあり、日本中が興奮する中、

選考から漏れた投手陣を集めて
WBC(ワールドボンバーマンクラシック)
を開くという周りに左右されないマイペースっぷりw

f:id:widesan:20180815095850j:plain
(引用元:https://goo.gl/images/2fJFtK)


◆大舞台に強い

石井投手は、
球は速いがコントロールがアバウトな為、
自分から自滅して落とす試合がたまにあったりもするのですが、
ここぞという試合だけはなぜか外さない不思議を持っています。

逸話1.ペナントレース終盤の大事な首位攻防戦で先発し、まさかのノーヒットノーラン達成
(本人は記録にこだわりがないため、8回終わりに降板する予定なのを(元ヤクルト)野村克也監督に説得されるw)

逸話2.ヤクルトのエースとして先発登板した1997年、2001年の日本シリーズでは、
どちらも失点0、二桁奪三振以上を記録

逸話3.巨人の松井秀喜選手や高橋由伸選手など、好打者相手には終盤であろうと150㌔越えの豪速球連発

逸話4.優勝決定の瞬間は、キャッチャーの古田選手よりも早く、胴上げ投手に抱きつく
(ベンチで既にリードを取って、一目散にダッシュしたようですw)


とにかく、左利き(サウスポー)で投手をしていた人は、誰でも一度は憧れたのではなかろうかという豪速球と伝説の数々!

セカンドキャリアは吉本興業の社員として入社するなど、前代未聞の行動をどんどん取ってしまう自由っぷりw

普段の発言も、予想を外してくるのに的を得ているので面白く、
本当に人としての魅力が大きい方だなと思います😄