第100回全国高校野球選手権_大阪桐蔭高校_根尾投手について

今日(8月13日)の第一試合
大阪桐蔭高校(大阪)vs沖学園(福岡)

試合見ました!

とても見応えのある試合で、
沖学園は初出場ながら、中盤までがっぷり四つの真っ向勝負!

しかし、終盤は大阪桐蔭が自力の高さを見せつけた形になりました☆

以前、このブログでは「(野手)根尾」くんを紹介しましたが、今日は投手での出場でした。

なので、今日は「(投手)根尾」くんについて書こうと思います。

f:id:widesan:20180813202112j:plain
(引用元:https://goo.gl/images/Fd4dZL)


◆MAX148㌔の快速球

若干野手投げの感もありますが、
ホップするような球筋のボールは威力抜群!
ピンポン玉を投げてるようでした(笑)

地肩の強さだけでなく、回転の良さが伺われます♪


◆変化球

スライダーはコントロールも良く、
左バッターのインコースへのスライダーは
三振の山を築けるような素晴らしいボールだと思います。


◆フィールディング

ショート出身の為、フィールディングが非常に軽やかでした。

バッターは、打てない時などにセーフティバントを試みることがありますが、
根尾くんはフィールディングが良いので、そういった奇策も苦戦するかもしれません。

ピッチャーにとってフィールディングが良いのはかなりのアドバンテージです。

本当に随所にセンスが感じられます。


変化球を続けた後のストレートが高めにすっぽ抜けたりはあるものの、
コースはほとんど間違わないし、フォアボールも少なそうな印象を受けました。

チームを勝ちに導くピッチングができる
さすがの好投手っぷりでした😄