明治の女流作家_樋口一葉

f:id:widesan:20190108232757j:plain
(引用元:https://goo.gl/images/EcTWmK)

本日1月8日(いちがつようか)は
一葉(いちよう)の日
…ということで、

日本の五千円札のあの人、
樋口一葉さんについて調べてみました。


名前:樋口一葉(ひぐちいちよう)
本名:樋口奈津(ひぐちなつ)
出身地:東京府内幸町(現・東京都千代田区
生誕:1872年5月2日
死没:1896年11月23日
享年:24歳(肺結核
時代:明治時代
(https://r-ijin.com/higuti-itiyou/)

なんと24歳という若さでなくなっているんですね。

わずか一年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を作ったとのことです。

元々学問に興味があったが、
母親が「女に学問は不要」という考え方で進学をさせてもらえず、
父親の事業失敗により借金を抱えた状態での執筆だったらしく、
激動の人生を駆け抜けていたのが想像できます。

五千円札は元々女性と決まっていたらしく、
貧しさに負けず秀作を生み出したことが評価されたみたいです。

本当に文才に優れた人だったみたいなので、
一度読んでみようと思います😄