ワイドのスポーツやグルメについて広く語るブログ

スポーツやご飯、あるいは漫画やアニメなど広く(wide)に語ります

意外と意味や由来を知らなかった日本語の勉強〜株式〜

f:id:widesan:20201017015545j:image

 

株式会社、株式市場、株式投資など、

日本の経済でよく使われる「株式」という言葉。

 

中学の社会で初めてその言葉を学びましたが、

なぜ株という漢字を使うのかご存知でしょうか?

 

調べたところ株式の株とは

いわゆる切り株を指すようです。

 

f:id:widesan:20201017185236j:image

 

切り株は木を切った後もずっとそこに残っていて、

それが転じて「世襲などで継続的に保持される地位や身分」も株と呼ばれるようになったのだとか!

 

江戸時代には、

幕府や藩の許可を得た独占的な商工業者の同業組合のことを「株仲間」、

出資率に応じた権利が保持されることを「株式」と呼びます。

 

また、株を英語で表そうとすると、

「Stock(蓄える)」もしくは「share(切り分ける)」と表現するそうです。

 

ここまでの由来を見ていくと、

株式という言葉が今の使われ方をしているのも何となく納得です。

 

株式というのは蓄積して残るものということで、

信頼や信用がとても大事になりそうですね。

 

僕の友人に向山雄治さんという

株式会社を経営されていらっしゃる方がいますが、

向山さんは信頼・信用を守る為に

「約束の厳守」をとても大事にされていました。

 

経営の世界では当たり前のことらしいですが、
お金の振込み期限を守ることは特に徹底されていました。

 

 納期を守るということを

非常にシビアに求められるのが

ビジネスの世界だなと思います。

 

ただ、株式会社に限らず個人でも信頼・信用というのは大事で、

納期を守ったり、待ち合わせの時間を守ったりなど、

きちんと約束事を守ることで、自分の株も上げることができるものだなと思います!

 

少し話がそれましたが、

切り株から派生した「株式」という言葉。

 

信頼・信用を表す言葉が植物から派生しているというのは意外でしたが、

大木の切り株をイメージすると非常に納得するものがあります。

 

「株式」なんていかにも難しそうな経済の言葉ですが、

少し身近に感じられました✨