有馬記念はブラストワンピースが優勝

f:id:widesan:20181225182514j:plain
(引用元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9)

2018年平成最後の有馬記念は、
3番人気の3歳馬ブラストワンピース
が制しました。

注目の1番人気レイデオロは首差で2着。
オジュウチョウサンは健闘したものの9着という順位でした。

ブラストワンピースは、
中盤の位置から最後の直線で逃げるキセキ(2番人気)を猛追。

後ろからはレイデオロも差してくる中、
力強い走りを最後まで見せ、
レイデオロをきっちり抑えて優勝!

唯一の3歳馬としての出走でしたが、
経験豊富で強い古馬達を相手に堂々とした走りでした。

今回の有馬記念は馬場が悪かったみたいで、
気持ちが問われるレースだったみたいです。

優勝したブラストワンピースは、
東京優駿(ダービー)と菊花賞は優勝を逃したものの、
通算戦績は7戦5勝。

これからの世代を引っ張っていく馬として注目を浴びると思いますし、今後に期待です😄