川崎宗則選手は日本最高のショートプレーヤー

川崎宗則選手

高卒で福岡ソフトバンクホークスに入団し、
走功守揃った実力とイケメンフェイスで、
鷹のプリンスとして人気の選手でした。

f:id:widesan:20180808023752j:plain
(引用元:https://goo.gl/images/YUygiZ)


アメリカに行ってから面白さも有名になりましたが、
元気で面白い部分は福岡にいた時代からずっと変わっていません。

そして、川崎選手はポジティブ解釈がとても上手な選手なので、
今回はそんな川崎選手の名言を2つ紹介しようと思います♪


★名言1:いつも絶好調

f:id:widesan:20180808025131j:plain
(引用元:https://goo.gl/images/8xds61)

川崎選手、ヒットが連日続き、低迷していた打率が急上昇している時の話です。

あるインタビュアーの方が、
「最近打ってますね♪だいぶ調子を上げてきたんじゃないですか?」
と質問したところ


「いえ、僕はずっと絶好調でした♪
僕はいつも絶好調なので、調子というものはありません!

ただ、野球は相手がいるスポーツなので、
絶好調でも打てない時もあれば、打てる時もある!

だから、たくさん打てるように僕は野球が上手になりたいんです!」

というような返事をしていました☆


川崎選手は徹底して、成績の良し悪しを調子のせいにしません。
全て「自分の実力」だと言い切ります。

だから、もっと上手になりたいから練習がしたくてしょうがないのだとか✨


川崎選手が日本からメジャーに挑戦するとき、
マイナー契約だろうと、年収が1/10になろうと、イチロー選手のいるチームだけを希望しました☆

川崎選手にとっては、
目先の収入よりも「野球が上手くなる環境」が大事だったのだと思います。

そして、周りからホモだとバカにされるぐらい
イチロー選手(学ぶ人)にこだわる姿勢に、
本物のトッププロの心構えを見ました✨



★名言2:いきなりじゃありません。ずっと(試合に)出てたので♪

f:id:widesan:20180808025541j:plain
(引用元:https://goo.gl/images/W2CEF9)

これは第二回WBC(野球の世界大会)の話

日本代表として参加した川崎選手は、
ベンチで誰よりも声を出し、少ないチャンスで結果を出し続けながらも、
予選ラウンドからこれでもかというぐらい
出場機会に恵まれませんでした。

本当に当時は贔屓目なしに、
もっと川崎を使ってもいいのにと心の底から思って見ていました!

予選から10数試合戦い抜きながら、
スタメンに選ばれたのは最後の2試合(準決勝と決勝)

三者の僕ですら、怒りを覚えるぐらいの不遇っぷりだったので、
いくら日の丸を背負っていたとしても、腐ってしまう人が多いような扱いだったと思います。


そんな川崎選手、
初スタメンとなった準決勝のアメリカ戦では、
4打数3安打、好守備、好走塁と大活躍!!!

試合後、ヒーローインタビューで、
「長らく出場機会がなくて試合勘も難しい中、初スタメンで大活躍!お見事でした♪」
と言われた後の一言が名言☆


「僕はずっと(ベンチで)試合に出てたので、特にスタメンだからどうという意識はありませんでした!

ずっとみんなと戦っていたのでいきなりじゃありませんし、いつも通りのプレーができたと思います!」


不遇に腐るどころか、

「常に戦っていました!」

これを言える人がどれだけいるでしょうか?

このエピソードは、僕が川崎選手のファンになったきっかけでもありましたし、
こういう価値観を自分も持てるようになりたいなと
とても刺激を受けるものでした😄